競馬商材の評価・レビュー

ストライクホース暴露レビュー

8月25日現在、売り上げランキング1位ストライクホースの評価は微妙!
競馬商材では1万円を切る価格で購入し易さもあってか、凄い勢いで売れています。

単勝・複勝1点買いの理論で、誰もが同じ買い目になるなら即刻オッズが下がりそうだなあ。
こんなに売れて大丈夫?(儲けが出せる?)かと思っていましたが。

内容を読んで見ると なんじゃコリャでした。

最初の1〜2ページは、実際に競馬を研究している者だと直感できる発言がありました。
お★これは期待できる商材かもと思ったんですが・・・

買い目の出し方が超〜めんどくさいのです。
その上に、作者と同じ買い目を出すのも難しいと来ています。


Strike Horse(ストライクホース)の評価が微妙な理由を暴露レビュー

1.購入対象になるレースが多過ぎる上に、購入を検討しなければいけない馬も多過ぎる。
2.ある条件に合致した馬を残すのに一苦労。そこから残った馬を消し馬シートや巻末データで1頭に絞る作業がこれまた手間がかかる。
3.ストライクホース理論の説明に「あれは除く。これは入れない」等の例外が多い。
4.理論の説明に、どちらとも取れる表現がある。

まあ〜とにかく面倒です。

ストライクホースを買って読んで終わりって方が大勢出るでしょう。
単勝1点に絞れる事を期待して購入した方は、ご愁傷様です。簡単に買い目の出せる事を期待した方は怒りすら覚えるでしょう。

ただ良い所もあって…

理論自体は正統で正攻法な馬券術ではあります。

まずは人気馬を消し馬シート(条件)に照らし合わせて、人気馬の勝率が低くなるレースを選ぶ行為は、回収率を意識した投資競馬の基本に当たります。

また狙い馬を絞り出す行為も、おのずと単勝期待値の高い馬が残るようにできています。

だから予想手法としては正攻法なんですが、正攻法が故にメ・ン・ド・ク・サイわけです。


最後にストライクホース発売後の8月20,21日の結果をレビューすると、

販売者から届いた投資結果が突っ込みどころ満載でした。

単勝 5戦2勝 ※嘘だろう。対象レースは倍ほどあるぞ! 
点数5点 総回収額1410円
的中率40.0%  回収率282.0%  ※投資対象レース数が間違っているので論外。

的中レース
(20日)小倉 9R:配当 900円  ※これは本当
(21日)新潟12R:配当 510円  ※これは消し馬シートの「ここ2走○○」に合致して消し馬だぞ。

購入された方は、この結果を見てムカついた事でしょう。

こんないい加減な成績を平気で出して来る。
その行為が一番許せないと思うのは、私だけでしょうか!?

私は浮気をせずに、儲けさせてもらっているパフォーマンスホース手法を継続します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。